2011/02/01

■21名のモデルへフィッティング!


毎年度末に、斬新なテーマとロケーションを展開しながら学生による作品ショーを開催している
大阪ファッションデザイン専門学校。
演出を担当させていただいて、今年で4回目のショーを迎えます。
昨年の四月からは、卒業後の専攻科に該当するアドバンスド科で
コスチュームアートの授業も担当させていただいています。

全学生による、完全オートクチュール・コレクション。
なんとこの学校は校舎内で、テーラードからドレスといった衣服はもちろんのこと、
帽子、ジュエリー、バッグ、シューズ、それら全てをゼロから制作できる設備が揃っているんです。
関西でも類を見ない施設です。

今日は、二週間後に控えたファッションショーに備えた、
プロモデルへのフィッティング。
実際に着て頂いた上での微調整をチェックして、最終工程に入ります。

プロモデルに、パフォーマンスで出演する学生も加えて総勢21名!
当日、楽屋はスタッフも合わせて大所帯になりそうです。


どの作品も力強いものばかりで、本番が楽しみです!
(残念ながら、ファッション業界のプレスや企業の方々のみの
招待制になっておりまして一般公開はありません。申訳ありません。)

■昨年のショー「costume & artwork 」の映像をご覧いただけます。
下記のページの下部左側にある、モデルが動いている小さなドナーをクリックしてください。
http://www.ofdc.ac.jp/