2011/07/24

一心寺シアター倶楽〈日曜学校〉シリーズ「古田敦子さん&西本淳さん」出演舞台を演出協力


大阪、天王寺にある仏教浄土宗寺院、一心寺が持っている劇場、一心寺シアター倶楽。
毎月、最終日曜日にはご住職や寺族僧侶の皆さんのご法話と一緒に、
様々なエンターテイメントや芸能・芸術に触れるという企画を上演されています。

7月の「日曜学校」のゲストに抜擢されたのが、
我らがミーム・コーポレル・ドラマティック・アクターの古田敦子さん。
いいむろなおきマイムカンパニーの活動に参加しながらも、ソロでも活躍されるパフォーマーです。
今年の一月に、ソロ公演の演出を担当させていただきました。

1月の公演では、僕の大切な友人で、やはり素晴らしい音楽家でもある
サクソフォン奏者の西本淳さんと共演をしていただきました。
僕の狙い通り、お二人の相性は抜群♪
たった数回のリハーサルで、既にぴったりと息が合うようになり、
本番でも見事なセッションを披露してくださいました。

そのお二人のコンビが、今回、一心寺シアター倶楽〈日曜学校〉で一日だけ復活いたしました!

今回のプログラムは、、、
古田敦子オリジナル編集による「レストラン」と、
エティエンヌドゥクルー作の「洗濯女」。
西本さんは「シリンクス」と、バッハの「無伴奏チェロ組曲」を。
お二人の演技と演奏が見事に絡み合って、幻想的な雰囲気を作り出していました。

敦子さんの構成・演出は本当に素晴らしかったです!
少しでもご協力ができて、今回も光栄でした〜♪

2人の合奏の機会がありましたらこちらでもお知らせしますので、
是非是非、劇場に足をお運びくださいませませ♪

最後の体験コーナーの様子。ワインを飲んでみましょう♪